2007年3月 4日 (日)

東京支部活動報告4

久しぶりの東京支部活動です。

今日は支部長の趣味で、巣鴨駅に12時に待ち合
わせでした。

白河から行ったので、ちょっと早めに着いてし
まったMどんは寄り道してます(^_^;)
それについては、「Mどんの食の細道」を見てく
ださいな(^^)/

巣鴨と言えばとげ抜き地蔵ということで、昼食を
食べる前に、お参りに行くことにしました。

Dscn2333

とげ抜き地蔵のある高岩寺ではお参りもしようと
お線香を購入したら、販売所に点火器なるものが
ありました。
お墓参りでもこれがあるといいなぁ〜なんてこと
を考えながら、とげ抜き地蔵の列に並んで願掛け
しました。

Dscn2334_4


寒い中、並んでいたらお腹も空いたので、とげ抜
き地蔵の背中側にある出口から出たらすぐのとこ
ろにある「古奈屋」さんに行くことに・・・・・
カウンターしかない狭い店なので、また並ぶこと
に・・・寒い(>_<)

Dscn2336

古奈屋さんは何を売りにしているお店かというと
リンク先と↓↓の写真を見ちゃった人にはもうお
わかりですね(^_-)

カレーうどん

が売りのお店です。

味はというと・・・
まず見た目でちょっとびっくりします。
普通のカレーより白いです。厨房を見てますと牛
乳を入れてるからですね。

牛乳を入れているのでとってもクリーミーです。
でもこれだけだと大人には物足りないなと思って
ると後からスパイスの刺激がほどよく来ます。

うどんはというと、細めで、つるつるです。

えび天カレーうどんです。

Dscn2338

もちカレーうどんです。

Dscn2339

お腹もいっぱいになったところで、とげ抜き地蔵
通りを散歩しながら、都電荒川線の庚申塚駅を目
指します。

このとげ抜き地蔵通り、多くの人が歩いているの
で歩行者天国のような錯覚になるのですが、実は
人による占有をしているだけで、よく車にひかれ
そうになります(^_^;)

庚申塚駅からは都電に乗り、王子駅まで行きまし
た。

まず行ったのは北区役所そばの「ロワンモンター
ニュ」に行きました。

王子駅北口から音無親水公園を抜けて北区役所前
を通り過ぎたところに「ロワンモンターニュ」は
あります。

Dscn2341

白神こだま酵母を使用しているという「白神」を
買ってみました。
外かはカリカリ、中はしっとりといった感じで美
味しかったです。

Dscn2344

お店の中には5席くらいのカウンターもあり、お
店で買った商品を飲んだり、食べたりすることが
できます。

寒い中歩いたので、店内で買ったラスクやパンを
食べながら談笑しました(^_^)

再び王子駅北口に戻り、落語の「王子の狐」にも
登場するという「扇屋」さんの厚焼き卵を買いま
した。

甘めの卵焼きで、冷えても美味しく、実はMどん
は次の日の朝ご飯に食べたのでした(^^)/

Dscn2343


厚焼き卵やらパンやらを手に持ち、今回の活動目
的の「飛鳥山公園」に行きました。

飛鳥山は江戸時代に八代将軍徳川吉宗が江戸庶民
のために解放した公園で、多くの桜が植わってい
るので、花見の名所にもなってます。

この飛鳥公園内にある「紙の博物館」を見学しま
した。

あとは飲むだけ♪

・・・・・・・・・・・・うん?

今回の活動目的は、飛鳥山公園にある3博物館、
「紙の博物館」、「北区飛鳥山博物館」、「渋沢
資料館」を巡った後に、「旧古河庭園」に行くの
ではなかったかなぁ・・・(^_^;)

まぁ、それはまた別のお話(機関車トーマス風)

ということでm(_ _)m

| | コメント (0)

2007年2月18日 (日)

活動報告ファイル9(2007.2.11)

毎年2月11日は、白河だるま市が開催しれます。

新採よりずっとだるま市にてだるまを買っているので、

今年も行ってきました(^^)/

通りの両脇に露店がずらりと並び、物色するお客さ

でごった返してます。

Dscn2305_1

まずは、去年買っただるまを消防団が管理している

どんと焼き場に持っていき、焼いてもらいます。

Dscn2319

白河だるまは2系統あり、それぞれのだるまで顔つき

が違います。

どっちの系統を買うか決めてはなくて、だるまの背に

「無病息災」とか「家内安全」と願掛けを書いてもらう

のに、筆で書いてくれる売り場を見つけて買ってます。

Dscn2309

だるまの大きさは、大きな方から、い・ろ・は・に・・・・

ち・り・ぬ・る となってます。

毎年自分用と、実家用に大きさは り を買ってます。

実家用にはいつもどおり「無病息災」にしましたが、

自分用には去年の「恋愛成就」から「無病息災」にし

ました・・・・今年は去年のように高望みではなく、

実的な願いにしておきました(^_^;)

Dscn2308

5cmくらいの豆だるまもあって、色も白、黒、黄といろ

いろあり、子供や女の子受けしそうな感じです。

Dsc03443

去年のだるまも焼いたし、今年のだるまも買ったので

後は、昼食を兼ねた露店巡りです♪(^^)/

1品目は、定番のじゃがバターを買いました。

規格外の男爵に、バターと塩をかけて、ふぁほふぁほ

なりながら食べます。

Dscn2307

2品目は、シャービンを食べてみました。

中国の食べ物なんでしょうか?

焼いているところが美味しそうだったので買ってみま

した。

↓↓の写真の鉄板手前のように、小麦粉を練ったら

しき物で、餃子の具のようなものをくるんで鉄板で焼

きます。

途中で平べったく押して、裏表に焼き色が着いたら、

塩を振って出来上がりです。

Dscn2314

カリカリとした食感の中に皮の中側のもちもち感と

具のジューシーさが加わって、とっても美味しいです

(*^_^*)

Dscn2316

食べた他にも、変わったお店が何軒かあったので紹

介しますm(_ _)m

韓国の料理「トッポギ」の露店がありました。

お店にも多くの人が並んでいて、鉄板のトッポキが撮れ

なかったです。

Dscn2313

あと、最近のたこ焼き屋さんの中には、イイダコを使って

いるたこ焼きもあって、面白かったの写真を撮って見まし

た。とってもボリュームと歯ごたえがありそうで、1,2個で

十分な感じです。

Dscn2312_1

| | コメント (1)

2006年11月13日 (月)

活動報告ファイル8(2006.11.4)

今年の東北道の駅スタンプラリーは「朝日ライン道
の駅完走賞」に応募することを目標にせっせと出か
けてましたが、ついに1カ所を残すだけとなりまし
た。
今回はその模様について報告します。

出発したのは朝6時半。
まだ日も昇っていない時間に、セバスチャン1号に
跨り、新潟県と福島県との境にある道の駅「にしあ
いづ」を目指します。

道路にある気温表示は6℃で、バイクでの体感温度
はもっと低く凍えながら走ってたのですが
o(;△;)o
道の駅のスタンプは売店などが営業時間でないと押
せないので寄り道しながら行くことにしました。
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

まずは、福満虚空蔵尊圓蔵寺にいきました。
国道45号線から国道252号線に入り、道の駅
「会津柳津」のそばにあります。
福満虚空蔵尊
切り立った崖の上にある圓蔵寺はまるで東北の清水
寺のような感じです。
本堂からの眺めや、境内の赤く色づいたもみじなど
とても落ち着く雰囲気となってます。

圓蔵寺の入り口の表門です。
表門

表門の切り立った階段を登っていくと、見えてくる
のが立派な釣鐘堂が見えてきます。

鐘堂

本堂です。
3連休のまっただ中でしたが、まだ9時くらいだと
観光客の人はまばらでした。
ただ紅葉を撮影しに高そうなカメラをもった人が多
くいました。
本堂

境内には3頭の牛が鎮座していて、人に撫でられて
いる所が色が変わってたり、すり減ってたりしてま
す。
なんで牛がいるかというと、切り立った崖の上に圓
蔵寺を建設するのを牛が手伝ったからだそうで、会
津地方の民芸品「赤べこ」の元となったそうです。
台座には「開運撫牛」とあったので、いっぱい撫で
ちゃいました(≧▽≦)

牛3

牛2

牛1

次に西会津町にある「鳥追観音」に行きました。
正式名称は「金剛山 如法寺 鳥追観音」です。

いやぁ、仁王門と紅葉とMどんのセバスチャン1号
です。
かっこいいなぁ~~о(ж>▽<)y ☆
鳥追観音

この鳥追観音には左甚五郎作のすばらしい彫刻があ
ります。
東拝口はとくに素晴らしく、上り龍、下り龍の彫ら
れた柱や、三猿が隠された彫刻があったりします。

彫刻

その三匹の猿とは、
難より隠れサル
難を逃れサル
安楽に暮らしサル
の三猿 で、観音の大慈大悲に祈願してこの三猿を探
し得れば牡丹の蕾が花開くように幸運が開き、
「福マサル」といわれています。
三匹目の猿はなかなか見つけられませ ん。
1匹だけ写真を貼っておきますが、もし行くことが
あればがんばって見つけてみてくださいな
(^_-)ー☆

さる1

時間的には微妙な感じだったのですが、鳥追観音か
らさらに奥に行った所にある大山祇神社に行くこと
にしました。
駐車場のそばに遙拝殿がありますが、御本社はここ
から4km離れたところにあります。
遙拝殿

せっかく来たのだから御本社に参拝したいなという
ことで歩くことにしました(^ε^)♪
秋の気配深まる山道を気持ちよく歩いていると、
すっかり体も温まり、朝の辛さもいつのことやらと
なりました。
参道

参道の途中、途中にはいろいろな道祖神が祀られて
いて、一体一体に石を積み上げ、手を合わせました
(^人^)
道祖神

写真は不動の滝と呼ばれる滝です。
他に与作の滝があります。
水の豊富な山です。

不動滝

後半は杉並木に囲まれた参道となります。
この杉並木の参道は福島の遊歩道50選にも選ばれ
ていて、歩いていて気持ちがいいです。
写真の石段はある信者の方の寄贈だそうで、202
段もありました(;´▽`A``
杉並木

なまった体にはきつかったですが、1時間半くらい
で御本社に着きましたo(^^o)(o^^)o
御本社の水はすごく美味しくて、参拝後にゴクゴク
と~(///∇//)
御本社

大山祇神社の御本社から下山するとお昼も過ぎてい
たのと、汗もかいたので、そばの古澤屋さんに行く
ことにしました。
古澤屋

この古澤屋さんは、地元のそば粉のみを使用してい
て、玄そばは自家製粉しているそうです。
価格は少し高めですかね?
ざるそば924円、追加683円、大ざる1575円、天
ざる1764円となってます。
今回は山にも登ったということで、天大ざるにしま
した♪(=⌒▽⌒=)
大ざるなので、ざるが2段重ねです。
そして揚げたての天ぷらを抹茶塩でいただきます。
天ぷらもボリュームたっぷりで、エビ天2本、サツ
マイモ、カボチャ、キス、大葉となってます。
天ざる

実は古澤屋さんに来たのはそばを食べたかったので
はなくて、実はここには社長専用の温泉「清兵衛温
泉」というのがあり、その温泉に入浴するために来
たのでした。
日中はお客さんに無料開放されているのですが、温
泉宿の家族風呂と同じで1組ずつの入浴となるので、
予定がいっぱいの時は入浴しないで帰ることにもな
ります。
ますどんが行った時も、先客が入浴中だったので、
食事後も少し待ちました。

入浴するときは、レジで店員さんからカギを借り
ます。
カギ

お店の横にある立て看板に従って小道を入ると、お
風呂の入り口に着くので、借りたカギで開けて、入
浴します。
案内

入口      

湯煙ですぐに曇ってしまってうまく写真がとれてま
せんが、注ぎ口からこれでもかというくらいお湯が
出てて、湯船からもお湯がすごい勢いで溢れてます。
そしてなぜかお風呂に似つかわないスコップの柄が
にょっきりとあります。
お風呂全貌

近づいて見てみると、お風呂の栓でした(≧▽≦)b
風呂栓

写真に本当に何度もチャレンジをしたのですが撮れ
なかったのですが、この温泉すごいアワアワです。
入浴すると体中に泡が付着します。
湯船の縁に頭と足をかけて体を浮かすと、背中をく
すぐる泡を堪能できます(*⌒∇⌒*)
源泉75℃ですが、湯温は40℃くらいなので、全
然のぼせません。
先客がいつまでも入浴していた気持ちがわかります。

さて、お待たせしました。
道の駅「にしあいづ」です。
道路からの車の入り口が2カ所あり、1カ所にはあ
かべこが、もう1カ所にはなぜかシーサーがお出迎
えをしてくれます。
西会津町は沖縄となにかつながりがあるのでしょう
かね?
にしあいづ

薬膳ソフトクリームです。
漢方では腎臓の薬として用いられていて、その他に
は高血圧、糖尿病、痛風などによいとされているス
ギナがが入ったソフトクリームです。
なんかお茶の葉入りソフトといった触感です。
薬膳ソフト

帰りに立木観音を拝観しに、「金塔山 恵隆寺」に
立ち寄りました。

仁王門
立木観音

本堂
立木観音本堂

撮影禁止のためパンフレットを撮った写真を載せま
すが、御本尊「十一面千手観音菩薩」は身の丈8m
50cmもあり、一木彫で根の付いている仏像とし
ては日本最大級の大きさで す。
また、本尊の左右に安置される脇侍の二十八部衆に
風神・雷神を加えた30体の仏像は密教様式を忠実に
表現してお り、全国的にも大変珍しく貴重です。
外からは大きな布に描かれた絵でしか見ることがで
きず、拝観料300円をお支払いしても拝観する価
値があるので皆さんどうぞ!!
立木観音パンフ

やっと、岩手県28カ所、宮城県11カ所、福島県
12カ所、計51カ所のスタンプを押し、応募する
ことができました(^_^)v



| | コメント (0)

2006年11月 5日 (日)

活動報告ファイル7(2006.11.3)

いきなり!!

甘い物は好きですかぁ〜〜〜〜!!

うん!!好き好き!!って思わず応えちゃった人
Mどん嫌いじゃないですよ♪(*^_^*)

今回のあそぼう会はそんなあなたにお勧めです
m(_ _)m

今回は男一人で行くにはとっても辛かったので、
うらわかい乙女2人を誘うことにしました(^_^)v
なので、いつものセバスチャン1号にはお休み
してもらい、セバスチャン2号でのお出かけです。

Dscn2100_1

と、その前に栃木県にあるブリーダーさんに犬を
見に行きました(^_^;)
大学2年からのお一人様生活も15年目となり、
誰かに待っててもらえる生活がいいな・・・
となればペットだよね♪(^_-)

今回お伺いしたブリーダーさんはパグを扱ってい
るのですが、Mどんの愛するフレンチブルドッグ
も扱っているんですよ〜♪
ちょっとわかりにくい路を行くとブリーダーさん
はあります。
Dscn2101

まずは、入り口で靴の裏を消毒の霧吹きをして、
素早く仕切り戸の中に入ると、パグちゃん、パグ
くんに熱烈な歓迎を受けます♪
Dscn2108
「撫でてくれないの〜?」か「遊ぼう〜♪」と
いった感じで、上目遣いで見てきます。
大きな目とくしゃ顔は可愛いですね。
Mどん的にはアゴにできた線とか、上唇?あたり
にメロメロです(>_<)

Dscn2109

さて、いよいよです!
またまた素早く仕切り戸を抜けると、フレンチ
ブルドッグエリアです。
ここでも熱烈歓迎を受けちゃいます♪
Dscn2102

オスのフレンチブルドッグくんです。
写真を撮れなかったのですが、服従の姿勢の仰向
けになってお腹を見せたり、写真のような姿勢で
いたりと愛嬌がありました
Dscn2106

最後に生まれて1ヵ月の子犬を見せてもらいまし
た♪(*^_^*)
綺麗なパイドカラーの3匹です。
見るだけでしたが、抱いたりなんかしちゃったら
即決で買っちゃう可能性が大大大だぁぁぁい!で
した・・・そこはグッとがまんがまんということ
でね(T_T)
Dscn2111

初めてブリーダーさんを訪問してみたのですが、
自分が欲しいと思う犬種のブリーダーさんが近く
にあって、個人にも販売してくれるなら、ペット
ショップよりブリーダーさんだなと思いました。
ブリーダーさんでの飼い方や考え方、それと自分
との相性がいいかなど、犬を買う上での安心感が
全然違うと思いますよ・・・(^_-)ー☆

さて、冒頭で聞いたことが本日のメインですよ。
車中で犬の話で盛り上がりながら大田原方面に向
かって行き、国道400号線沿いの乃木温泉ホテ
のすぐそばにある「銀果亭」です。
Dscn2117

銀果亭さんは1階でケーキの販売をしてますが、
2階ではケーキバイキングをしています。
45分で、一人8個までで、1600円と聞くと
高いかなって思うかもしれませんが・・・
写真のようにプチケーキじゃなくて、1階のお店
で売っているのと同じ大きさのケーキでのバイキ
ングでとってもお得な感じです(^^)/
Dscn2112
システムは1階でまずはケーキバイキングを申
し込み、その場でショーケースの中から、2〜
3個選んで、2階に持っていきます。
追加の時は、ケーキを載せてきたトレーと伝票
を持って1階に行き、また選ぶといった感じで
す。
飲み物はコーヒーや紅茶などもフリードリンク
となってて、自分が飲みたいものを選べるので、
ケーキが進みますよ♪
Dscn2113

3人ともお昼を抜いて、お腹を空かせて臨んだの
に、多くても6個でお腹がいっぱいになっちゃい
ました(^_^;)
でも、食べ終わったケーキの包装を入れるかごを
見ると、すごく食べましたね〜〜(^_^;)

Dscn2115

バイキングをした後って、お腹がいっぱいで、
夕食は抜きでした(^o^)b

| | コメント (0)

2006年10月22日 (日)

活動報告ファイル6(2006.10.21)

すっかり秋の空ですが、少し肌寒いのを我慢すれ
ば、バイク日和ということで、またまた、道の駅
のスタンプを集めに行ってきました(^_^)v

白河市から太平洋の町いわき市に出た後、国道6
号線を北上し、今日目的の道の駅を目指している
と、広野町折木のあたりに名物やきもちの赤い看
板が目に入ってきました。

やきもちかんばん

朝ご飯を食べてなく、ちょっと気になったのでU
ターンをして、お店に寄ることにしました。

店構え

セバスチャンとお店です。
そんなに大きくないです。
初めて入ったのにお店の人はハイ!注文はってい
う顔をして、Mどんが何かを言うのを待ってます
σ(^_^;)

そこで

「初めて来たのでどう注文すればいいですか?」

って聞いちゃいました(///∇//)

聞いて分かったのですが、ここにはやきもち1種
類しかないとのことで、何個欲しいかだけを言え
ば良かったのでした。

やきもち

やきもちはヨモギの風味がして、あんこはつぶあ
んの甘さえめで美味しかったです♪♪
1個100円だし、近くに寄った時は食べてみて
くださいな〜!(*^-^)b

道の駅「ならは」です。
道の駅ならは

Jヴィレッジのすぐそばにあるこの道の駅には温
泉施設があり、それを知っていたので、タオルを
持参してきていたMどんは早速冷えた体を温める
ため入浴しました(^_^)b

ここの温泉は塩化物泉で、色は緑がかっていて、
口に含むと、少し塩っ気があります。
体の芯からポカポカしてくる温泉です。

もちろん、湯上がりにはこの道の駅スタンプラリ
ーの恒例となっているソフトクリームを食べるこ
とに(#⌒∇⌒#)ゞ

クリソフト

栗ソフトクリームです。
栗色というと黄色っぽいのが主流ですが、ここの
は栗饅頭と同じ色です。
温泉で火照った体にはとってもいいですv(^-^)v


道の駅「そうま」です。
道の駅「ならは」から国道6号線をさらに北上す
ること1時間、相馬野馬追で有名な相馬市に入っ
たところにある道の駅です。
道の駅そうま

海産物を売ってたり、リンゴを売ってたりしてい
ます。
売店で二十面だるまという珍しいだるまを見つけ
たので写真を撮りました。

二十面だるま

七転び八起きということわざもありますが、絶対
に転びませんし、起きあがりませんσ(^_^;)
ある番組でよゐこの濱口が海でとっている箱フグ
に似てます。

ちょうどお昼だったので、名物のほっきめしを食
べました。
ほっきめし
ほっきの歯ごたえと、醤油風味のご飯が美味しかっ
たです。

今年の東北スタンプラリーの目標、岩手、宮城、
福島制覇まで残すところ1カ所となりました
ヾ(@^▽^@)ノ

| | コメント (0)

2006年10月 8日 (日)

東京支部活動報告3

9月30日はカウパレードを見た後が本当
のあそぼう会の活動となります。
なんせカウパレードは独りで、牛の写真を
撮って
「ホゥ」
とか
「いいねぇ〜」
とか
「わかんねぇな・・・(-o-)ボソボソ
と言ってるのがあそぼう会じゃないですか
らね(^_-)

まずは新橋からゆりかもめに乗って、日の
出駅に行き、日の出桟橋から浅草に行く、
水上バス「ヒミコ」に乗りました。
10月6日からは新しくできた寄港地「豊
洲」経由になるため、日の出桟橋からは乗
ることはできません。
詳しくは水上バスのHPで確認を!!

Dscn2048

このヒミコは松本零士さんがデザインで、
子供の頃に未来というものを想像した時の
ような未来的なデザインとなってます。
操舵室もかっこいいです♪(^o^)
ただ後方に座ったのですが、そこは船とい
うことで、若干ディーゼル臭いです(^_^;)

Dscn2049


浅草といえば雷門ですね!
さすが土曜日ということもあり多くの人が
訪れてました。

Dscn2050

仲店を通り抜けて、浅草寺本堂にきました。
悪い所だらけなので、燻製卵のように全身
をお香に当てたいのですが、そこはグッと
我慢して、無病息災をお祈りしました(^_^;)

Dscn2051

やはり神社に来たら、おみくじですねぇ〜
浅草のおみくじは六角形の筒を振って、出
てきた棒に書かれた数字の棚から紙を受け
取るようになってます。

Dscn2052

Mどんのおみくじは18番の吉でした。
内容は・・・ヒ・ミ・ツです(^_-)

Dscn2054

お酒を飲むには少し早いので、「和ふ庵」で

有名な10円まんじゅうを東京支部長
が買ってくれました(^_^;)
さすがに10円といっても、並んで1個
は買いにくいのでは・・・
味は黒糖の甘さと、あんこの甘さがある
割にはあっさりとしてて何個でも食べら
れそうな感じです。

Dscn2055

さてさて、今回のあそぼう会の目的です。
その名も浅草ホッピー編ということで、
浅草ホッピー通りにいざ出陣です!!

韓国風牛すじを食べてみたかった鈴芳さん
は改装中でお休みでした(T_T)

Dscn2056

ということですぐ鈴芳さんのすぐ目の前に
ある居酒屋浩司に入ることにしました。

Dscn2064


これがホッピーです。
えっ?どれがホッピーって?
左にある茶色の瓶がホッピーです(^_^)
じゃ、左のジョッキの中身はというと焼酎
と氷です。

Dscn2057

ホッピーを好みの量だけジョッキに注いで
飲みます。
見た目はビールといった感じですが、味は
ぜんぜん違いますよ。
浅草という土地柄か焼酎が多いのですが、
ホッピービバレッジの飲み方は、焼酎2に
対してホッピー5と言ってますが・・・
そうしないとホッピーの消費量が増えない
からですかね?(^_^;)
ジョッキの中身がなくなり、ホッピーが
残っている時は、店員さんに「中ください」
といいましょう〜!!
そうすると焼酎と氷だけが追加されてきま
す・・・と偉そうに言ってますが、東京支
部長の受け売りです(*^_^*)
東京支部長東京支部長と言ってますが、実
家は高崎です(T_T)

Dscn2058


そして、今回のもう一つの目的である牛す
じ煮込みです。
すごく軟らかく煮込んでありトロトロです
(*^_^*)

Dscn2060

ガーリック砂肝です。
ホッピーにウッキーとなってたので、ガー
リック=ニンニクという図式が欠落してて
電車で帰るのも気にせず食べちゃってまし
(^_^;)

Dscn2059

もつやきです。

Dscn2063


東京支部長と会員(強制(^^))もできあ
がってきてます。
もちろん、今回も本人達の名誉を死守す
るべく画像に処理してます(^_-)

Dscn2061_1

支部長が余しているホッピーをぶんどり、
中をおかわりし、そしてもちろん煮込みも
2杯目となります♪o(^▽^)o

Dscn2062

少し道路にはみ出たテーブルの丸いパイプ
いすに座り、仲間と飲み、食べ、そして道
路を歩く人を見る・・・
この下町風情が大好きなMどんです。
奥さんもそういう人がいいのですが・・・
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

| | コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

東京支部活動報告2

9月30日に東京でのあそぼう会の活動があり、
新橋駅近くにお昼に待ち合わせで、時間があった
ので、Mどん独りで活動してきました♪(^_^)v

東京駅周辺の丸の内では、10月1日までカウパ
レードというのが開催されていて、道路や、ビル
の中に実物大の牛の置物に、アーティストがアー
トを組み合わせたものが展示していて、それを東
京駅から待ち合わせの新橋駅まで歩いて行く間に
見られるだけ見ることにしました(^_^;)
全部で65頭いるのですが、そのうちの33頭を
見ることができました。

題名「フロムCOW」です。
東京駅を出て、すぐに出会った牛です。
写真では見ていたのですが実物を見るとさすがに
大きいなと思いました。

Dscn2007

題名「動物哲学」です。
ホルスタイン柄がよく見ると女の子の顔になって
ます。

Dscn2008

題名「10ヵ月の有効期間」です。
すごく綺麗で鮮やかな牛でした。

Dscn2009

題名「おでんくん」です。
リリー・フランキーさんの作品です。

Dscn2010

題名「スシ」です。
牛の背に大きなエビのネタが・・・(^_^;)

Dscn2011

題名「Play!Marunouchi」です。
カウパレードを開催して丸の内で遊んでもらお
うということですね!(^_-)
真っ赤な牛もいいもんです。

Dscn2012

題名「INSIDE OUT」です。
塗料が流れている所がいいなと思いました。

Dscn2013

題名「恋牛浪漫」です。
牛の頬の赤みが恋ですかね〜(*^_^*)
いいですね♪

Dscn2014

題名「サクアリス」です。
すごくインパクトのある画と詩(裏にある)でし
た。

Dscn2015

題名「モトモトノモト」です。
Mどんお気に入りベスト4の1つです。
切り刻んだ牛を、ずらして組み立てて、金色と
黒色で塗ったもので、すごく印象に残った作品
です。

Dscn2016

題名「遡及空間「隆房卿cow06R」」です。
あか牛といった感じ日本的な印象を持ちました。

Dscn2017

題名「パワー」です。
上の牛とは逆にスペインやイタリアといった色遣
いです。

Dscn2018

題名「地上の夜」です。
牛の形をした地球というふうに感じました。
油絵のような感じの作品です。

Dscn2019

題名「主食はmayu語ですの。」です。
ペットボトルのキャップに、携帯の絵文字のよう
なのを描き、貼り付けたものです。
mayu語ということなので文章になっていたのか
もしれませんね。

Dscn2020

題名「毛牛とおじさん」です。
写真では分かりづらいかもしれないけど、黒いの
は毛を描いていて、乳房におじさんの顔を描いて
ます(^_^;)

Dscn2021

題名「ワクワクとドキドキが一つになって花が
咲く!」です。
この牛も綺麗な作品です。
黒色の下地に描いた花の輪郭を白く縁取っている
ので全体的にくっきりとしているような感じです。

Dscn2022

題名「Love is Peace」です。
小・中・高生の作品です。
こんなにハートで満ちあふれていれば、幸せです
(T_T)

Dscn2023

題名「和牛」です。
なんで和牛としたのか聞きたいなと思った作品で
す。

Dscn2024

題名「advent」です。
その名のとおり、牛が降臨してきた感じです。

Dscn2025

題名「だるまうし」です。
白河だるまとは違った顔と体の模様ですが、作者
さんの地元のだるまですかね?

Dscn2026

題名「レーサー牛」です。
写真では角の代わりに装着されたグリップがセパ
ハンになってますが、製作された時はアパハンで
した。
作品に触れることができるというのが良い所でも
あり、悪い所でもあるかもしれません。
ちなみに左のレバーを引くとカウベルが鳴ります
(^o^)

Dscn2027

題名「乳牛パック」です。
Mどんお気に入りベスト4の1つです。
段ボールで作った牛乳パックを身に纏った牛で
す。
パックのラベルは可愛くて、どこかの牛乳メーカ
ーで採用してくれないかなと思いました。
牛に描かれた花の模様も赤の線がすごくいいです。

Dscn2028
Dscn2029

題名「牛参り」です。
牛の背中に神社がある島みたいになっていて、
階段をお参りする人が登ってます。

Dscn2032

題名「Through the Milkyway」です。
Mどんお気に入りベスト4の1つです。
こんなに大きくなく、卓上版があれば購入したい
くらい好きです(*^_^*)

Dscn2034

カウパレードは道路だけでなく、ビルの中にも
置かれているので、東京勤務時代には入ったこ
ともないビルの中にも入ってみました。
新東京ビルの中にスタバを発見!!
白河には1件もない(T_T)ので休憩に寄ることに
ジャバチップフラペチーノ・・・・ソーセージの
は名前を忘れました(^_^;)
でも久しぶりのスタバは美味しいな♪(*^_^*)

Dscn2035

題名「Where we are now?」です。
丸の内のあちこちの写真をまるで牛の中を覗く
感覚で見られます。

Dscn2037

題名「The Wild Parade」です。
色での作品が多い中、形だけで来てます。
牛と犬はどこに行こうとしているのかな〜?

Dscn2038

題名「CAMOUFLAGE」です。
こんなにキノコが生えてる所には牛はいないので
隠れることができますかね?(^_^;)

Dscn2039

題名「牛になる人」です。
右と左にマンガが2話描かれてます。
内容は・・・秘密です。行った人の特権というこ
とでね(^_-)

Dscn2040

題名「マッハ!Mow ! Mow !」です。
マッハ!GO!GO!の牛バージョンです。

Dscn2041

題名「MOWのめない」です。
Mどんお気に入りベスト4の1つです。
水滴の感じと紅白のストローがいいですねぇ〜
水滴のところはもろいようで、少し壊れてたり
して作者さんに申し訳ないですね(T_T)

Dscn2042

題名「COW GOD」です。
黒いどくろっぽい絵だらけで、Mどん的にはあま
り好きじゃないです(^_^;)

Dscn2043

題名「MORE BEEF MORE BATTLE」です。
現代的な感じで、桜木町の高架下の落書き絵の
ようです。

Dscn2044

題名「標」です。
ここで最後です。
予定がなければすべてを見たかったですが・・・
新橋に行かなくては!

Dscn2045

それにしても面白いので、うちの職場にも置けば
いいのになぁ・・・・・(−o−)ぼそぼそ

 

| | コメント (0)

活動報告ファイル夏期休暇編その5

5日目です。

道の駅「錦秋湖」です。
開店時間の9時に訪れたので、車は2、3台しか
ありませんでした。

Dscn1879

売店入り口に食事をすると、漬け物バイキング無
料の張り紙がありました(^_^;)

Dscn1880




道の駅「みずさわ」です。
駐車場も、売店もそれほど大きな道の駅ではあり
ません。
訪れた時間も早く、開店準備でごった返していた
のでスタンプのみとしました。

Dscn1881




道の駅「みなみかた」です。

Dscn1882

道の駅の中に、パン屋さんがあり、焼きたてパン
を買うことができます。
美味しかったです(^_^)v

Dscn1883



道の駅「路田里はなやま」です。
自然薯を名産品としているようで、食堂のそばも
自然薯そばとかあり、ゆっくりできるのなら食べ
たかったです(T_T)
他に釣り堀なんかもあるようですが、雨のため池
まで行きませんでした。

Dscn1884



道の駅「あ・ら伊達な道の駅」です。
山形の鳴子温泉に抜ける国道47号線沿いにある
道の駅なので混雑しています。

Dscn1885

岩出山家庭ハム」のスペアリブが焼きたてで売っ
ていたので買って食べました。
油がくどくなく、食べやすく、とっても美味しかっ
たです(^_^)v

Dscn1886

宮城、岩手の道の駅スタンプラリーもすべて終わ
り、朝日ライン完走賞を応募するには、福島の道
の駅4箇所を残すだけとなりました(^_^)v
スタンプ目的で駆け抜けてきたので、じっくりと
道の駅を楽しんだり、周辺の観光をしたいところ
はいっぱいありました。

ETCの通勤割引を利用して福島から高速に乗り
帰りましたが、2,000KMを越える地道の旅
となりました。
最後はあぶくまPA(上り)の食堂の定食はおす
すめです(^_^)v
写真はからあげ定食ですが、注文を受けてから揚
げるので熱々で美味しいです。
建物自体が木に囲まれて見えないのと、次のIC
が白河なので素通りされがちですが、19時まで
開いているので、旅行で疲れて、今日は外食をと
いう時は是非利用してみてくださいな♪(^o^)/

Dscn1888





| | コメント (0)

活動報告ファイル夏期休暇編その4

4日目です。
まだ雨は降ってませんでしたが、台風が近づいて
来ているので、午後は雨になりそうかな?といっ
た天候の中七戸を後にしました。

道の駅「おりつめ」です。
スタンプのみで移動しましたが、やまぶどうソフ
トクリームが売ってました。

Dscn1854




道の駅「やまがた」です。
謎の足跡が見つかり、ガタゴンと名付けたそうで
す。夏にはガタゴンまつりが開かれます。

Dscn1855

しおソフトクリームです。
ここも三陸から内陸に塩を運ぶ道があった所で
す。
写真でも塩のつぶつぶが見られます。
スイカに塩を振りかけて食べると美味しいのと
同じ原理か、甘しょぱくて美味しいです(^_^)v

Dscn1856


道の駅「くずまき」です。
ぶ厚い雲が空を覆ってますね

Dscn1858

葛巻は酪農の町で、平成17年度に畜産大賞を受
賞した「くずまき高原牧場」やくずまきワイン
作っているワイナリーがあります。
ということで低温殺菌のくずまき高原牛乳を飲み
ました(^o^)

Dscn1859



道の駅「石神の丘」です。

Dscn1860

キャベツソフトクリームなんていうびっくり
(@@;ソフトがあったので買ってみました。
食べると時々野菜の茎を噛んだしゃりしゃり感が
あり、キャベツの風味が口いっぱいに広がります。
う〜ん、一度で十分かもしれません(^_^;)

Dscn1861



道の駅「にしね」です。
東北自動車道西根ICの近くにあるのと、八幡平に
近いので、すごく混んでました(^_^;)
スタンプを押したら早々に移動することにしまし
た。

Dscn1863



道の駅「雫石あねっこ」です。
国道46号線沿いにあり、田沢湖方面や盛岡方面
に向かう人の休憩所として混雑している道の駅で
す。
温泉入浴施設もあります。

Dscn1864
本当はひとめぼれソフトクリームを食べようと思っ
て訪れたのですが、じゃがバターが売っていたので、
じゃがバター好きの発起人としては早速買って食べ
ました♪(*^_^*)

Dscn1865



道の駅「区界高原」です。

Dscn1866

ぐるぐるフランクなるものが売っていたので買っ
てみました。
物珍しいですが、味は普通のフランクです。
横からかぶりついたので若干食べづらかったです
(^_^;)

Dscn1872



道の駅「やまびこ館」です。
早地峯山越えがあるので、スタンプのみで早々に
出発しました。

Dscn1874



道の駅「はやちね」です。
オーストリアワインの貯蔵庫があるとのことで、
早池峯山の細い道を越えて訪れましたが、ワイン
まつりのため売店などはやってませんでした(>_<)

Dscn1875



道の駅「紫波」です。
紫波で採れた果物の産直所が中心の道の駅です。

Dscn1877



道の駅「石鳥谷」です。
距離的には大したことがなかったのですが、高低
差と道の狭さで早地峯山越えに時間がかかったた
め、街灯の灯る時間に到着です。
南部杜氏のための研修施設や、酒図書館などがあ
る駅です。

Dscn1878



4日目の夜は、1日目に宿泊した北上の北上オフィ
スアルカディアフラワーホテルに宿泊しました。

 

| | コメント (0)

活動報告ファイル夏期休暇編その3

3日目です。

七戸の職場の同僚の住む家です。
ボットン便所なんですが、外の煙突の根本はガム
テープで止められてます。
冬は凍死しないか心配です(^_^;)

Dscn1847

道の駅「しちのへ」です。
七戸の蔵元「盛田庄兵衛酒造」の「駒泉」、
「作田」、「真心」といった日本酒を売ってま
す。
喉越しがよく、すーっとした感じは、奥入瀬の
清流を感じさせるお酒です(*^_^*)




道の駅「とわだ」です。

Dscn1848

十和田市にはダチョウの牧場「ヘライファーム」
があり、そこで生産されているダチョウの肉や
卵が販売されてます。

Dscn1849

北里大学の近くにある定食屋「さくらんぼ」に
ある「わらじとんかつ定食」です。
発起人(以下Mどんという)が学生時代によく
訪れた定食屋さんです。この定食はお金が入っ
た時にたまに食べた贅沢定食だったのですが、
さすがに35歳の胃袋には重すぎました(T_T)















八戸市にある蕪島に行きました。
うみねこの繁殖地となっていて、6月くらいには
島中に巣ができ、かわいいヒナを見ることができ
ます。

Dscn1852
この岩場に足の踏み場もないくらいに巣ができて
いるのは一見の価値ありです。

Dscn1853


| | コメント (0)

その他のカテゴリー

旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき